ED治療薬通販

バイアグラは非常に優れた勃起促進作用を持っていますが、その半面副作用である顔のほてりもよく出てしまうという欠点も持っています。

ホーム>バイアグラの効果・副作用

バイアグラの効果・副作用

バイアグラ

バイアグラは、世界で初めて販売されたED治療薬です。もともとの開発された経緯は、EDの症状を治療するために開発したのではなく、狭心症の治療薬に使う、身体の各部位の血管を拡張する働きの研究を進めていました。その研究の途中で行われる臨床実験で、副作用の起こる症状が「勃起を起こす」ということが分かり、再度ED治療薬として研究され、販売に至ったのです。

EDの症状に対処できる薬のED治療薬に改良されたため、勃起力、硬さ、勃起する時間の長さなどのEDの症状をサポートする治療薬として、バイアグラが誕生して世界各国で販売され、その効果のすごさから徐々に火が付き話題となった薬です。その知名度や人気の高さは今では不動のものとなっています。

バイアグラの効果

バイアグラの効果は、陰部の周辺の血行を良くして、陰茎海綿体に血液を集めやすくします。その結果勃起の硬さをより強くさせます。勃起の仕組みは、脳で性的な刺激、興奮を感じた際、その情報を陰茎海綿体に伝達して陰部の周辺の血管にはたらきかけます。そういった情報が伝達されると、勃起を促す物質の環状グアノシン一リン酸(サイクリックGMPとも呼ばれています)が分泌されます。

この物質は、陰茎海綿体の筋肉を緩めて血液が溜まるように働き、その血液が大量に溜まった状態が勃起です。男性の身体は、その勃起したままの状態を続けられるわけではなく、もとの状態に戻そうとする働きも起こります。勃起するために分泌される物質(サイクリックGMP)を分解させて、元の状態にさせようとするホスホジエステラーゼ5(PDE-5)という酵素です。

バイアグラの有効成分はPDE-5も抑える

この酵素は通常、性行為などで射精したあとなどに気分を落ち着きを与えるよう働きますが、過剰に活性化するときもあります。そういったときに、勃起しなったり、勃起が続かなかいなどEDの症状を起こしてしまいます。バイアグラを服用すれば、有効成分であるシルデナフィルがPDE-5の働きを抑え、サイクリックGMPの分解を防いでくれます。そういった様々な働きが勃起が出来ない状態を、再び勃起が出来るようにサポートするのです。

バイアグラにより起こる副作用

メモを取る医者

バイアグラを服用した場合、元々の血管を拡張する働きから顔のほてり、紅潮、鼻づまり、頭痛などの症状が副作用で起こります。こういった副作用は、軽度な症状です。軽度な副作用は一時的な症状です。薬の効きともに弱まってゆきおさまります。症状が引かない場合、必ず医師に相談して下さい。

副作用で重い症状が起きる可能性は併用禁忌薬を使用した場合に起こってしまいます。狭心症の治療薬である硝酸剤を使用すると血圧が急激に低下してしまう恐れがあるため、危険な状態を招いてしまうのです。場合によっては死亡することもあり、こういった医薬品を使っている方はバイアグラを絶対に服用しないで下さい。

バイアグラを服用して効果が続く時間

バイアグラは、効き目が比較的短い時間であり、5時間~6時間ほどでその効果は終わってしまいます。服用は、性行為の1時間前に1回で1錠を水かぬるま湯で服用します。バイアグラは通常、効果が起こるまでに1時間ほどかかります。1度服用してから再度服用する際、服用の間隔を24時間以上空けます。

食事の有無で効き目が変わる

個人により異なりますが、効きが早い方で30分~40分で効果が起こるため、服用するタイミングが図る事が出来れば、その日はしっかりと楽しめます。バイアグラは食事やお酒を口にしたあとに服用すると、効果が弱まったり無くなったりデメリットも存在します。そのため、空腹のときに服用する事が、より強く効き目を感じることが出来るので推奨されています。

どうしても食後にしか服用できない場合は2時間空けてから服用して下さい。その場合も満腹状態であったり、脂肪の多い料理を食べたあとは出来るだけ控えるようにしましょう。

バイアグラの購入

携帯から購入

バイアグラの購入は医療機関から処方される方法と、通販で購入する方法の2通りがあります。おすすめは通販で購入する方法です。その理由として医療機関から処方される方法は、医師や専門スタッフからのケアがあり、疑問や不安などの悩みを解消しながら治療に取り組めますが、どうしても治療費がかさむからです。医療機関をおすすめするケースは初めてEDを治療する方や、不安や疑問を多く感じる方向けです。

他人と顔合わせがないことが人気の理由

現在ではインターネットの使用がごく一般的であり、医療機関に通わなくてもより安く、ED治療薬の購入が可能です。自宅にいながら、簡単な操作をするだけで数多くの海外医薬品を購入することができます。特にED治療薬は、誰とも顔を合わせる事がなく購入が出来るため、プライバシーの観点により非常に需要が高いようです。

通販でのバイアグラの価格

バイアグラの価格をさまざまな通販サイトを調べ比較してみると、どのサイトでも50㎎と100㎎の2種類を販売しています。100mgは海外でのみ購入でき、国内では入手が出来ません。そして肝心の価格でありますが、医療機関で処方される場合1錠あたり、50㎎で1,500~2,500円です。これは保険適用されない医薬品のため、全額負担をする必要があるからです。

ですが通販サイトで購入できるバイアグラ1錠あたりの価格は、50㎎で1,200~1,500円。100㎎で1,500~2,000円が平均の購入価格です。比べてみると、通販で購入したほうが安くなるということがお分かりでしょう。これは海外から直接購入するから、という理由もあります。

バイアグラのジェネリックも購入できます

カマグラ

バイアグラには、同じ成分・成分量で製造されているジェネリックがあります。有名なバイアグラのジェネリックには、今回紹介するカマグラの他に、シラグラ、ハードオン、ゼネグラ、ビラゴ、センフォースなど数種類あります。どれも同じ成分を使っており、錠剤であれば、ほとんど同じ効き目です。

バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリックは、インドや東南アジアで製造される海外のジェネリックがこれまでの主流です。ですが2014年より日本国内の製薬会社でも販売されています。東和薬品株式会社、キッセイ薬品工業株式会社、武田薬品株式会社などの国内でも大手の製薬会社よりバイアグラジェネリックが6種類から8種類登場しました。

東和薬品株式会社からは、シルデナフィルOD 錠 50mgVI・トーワという薬品名で販売され、OD錠という舌の上にのせると唾液で溶ける形状の錠剤が発売されています。コーヒー味、レモン味の2種類があり苦みを抑えてあり、非常に飲みやすいです。価格は1錠あたり1,200円。キッセイ薬品工業株式会社からも、シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイという薬品名で一般的な錠剤で販売され、1錠あたり1,000円とバイアグラに比べると少し安く購入できます。

海外製ジェネリックは未だに人気

インドや東南アジアなどで製造されるジェネリックと比べると、国内で製造されたジェネリックは価格的に少し割高です。国内で製造をしている製薬会社が大手であるため、やはり比べてしまうと割高になってしまいます。しかし海外製のバイアグラジェネリックも厳格な検査をしていますので、現在も大きな事故は発生していません。世界的にも非常に信頼度の高い製薬メーカーにより販売されています。安全性・品質にもまったく問題がありません。

しかもその上で価格が国内のジェネリックよりも安いときています。これはぜひ試してみるべきだと思います。まずはジェネリックを使用した上でバイアグラを使ってみる、という方法も多くの方が実践されていますので、検討してみてはいかがでしょうか?

シアリスの通販